看板倉庫 看板倉庫ブログ
ホームへ
ホームへ
引取・買取
 
販売
ホームへ
広告・デザイン
ホームへ
メディア・プレス取材
ホームへ
ブログ
ホームへ
会社概要
ホームへ
問い合わせ
ホームへ
看板倉庫 販売に関する規約
看板倉庫 個人情報保護方針
 
 
チーム-6%
 
さっぽろエコメンバー
 


中古看板専門店の徒然日記
by kanbansoko
<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
運動会
昨日は運動会でした。
昨年と違って今年は絶好の運動会日和。顔や腕は日焼けで真っ赤です。
今年の息子の成果は、過去に例のないくらいの活躍でした。
少年野球の効果がはっきりでているように思えます。
運動会も残すところあと1回となりました。
徐々に、感動と興奮させてくれる子供に感謝して、子供の成長を確実に感じ取った週末でした。

で、グランドで活躍するのが運動での花形だと思っていましたが、もうひとつの花形がある事を今年知りました。
それは「放送」。
うちの子供は放送委員らしく、運動会のあの実況放送を狙っていたようですがやはりそこでアナウンスできるのが花形放送委員のようです。そこは当然6年生の役目。「来年こそはあそこでしゃべりたい」と狙っている子供が結構いる事も運動会のおもしろさの一つとなるかもしれません。
[PR]
by kanbansoko | 2010-05-30 14:04
大きなミス!
20年前に函館の広告代理店に就職させていただいたばかりのころ、前代未聞も大きなミスをしました。
温浴施設の北海道新聞の広告を掲載する仕事でした。しかも結構大きいオープンの広告です。
温泉の広告ですので、必ず効能が入っています。「リュウマチ」とか「肩こり」とか・・そういうの。

その中の効能に「慢性婦人病」というのがありまして・・・。
それをなぜか私は、「慢性性病」と掲載してしまったのです!(笑)
いや、当時は笑い事ではありません。
それで新聞に大きく掲載されているわけですから!
朝刊でしたから、朝から会社では大事件です。

温泉のオープンの広告に「慢性性病」ですよ!
誰も性病に効く温泉に行きたくないですよね。どんな客が来るんだ!って感じですよ。(笑)
さらに、時の上司が言わなきゃいいのに先方に「性病には効かないんですか?」なんて聞いたもんだから、火に油です。

まずはクライアントに謝罪です。
訂正の広告の手配を北海道新聞にしようとしたところ、「そんな話をぶり返して、また掲載しなくてもいい」ということで、それもできない。館内に訂正のポスターも用意しましたが、それもはずかしいので貼らないってことに。まぁ~当然ですよね。
結局、同じ広告を修正してもう一度出しなおす事で決着。

決着したところで、私は勇気を出して社長の自宅に菓子おりをもって謝罪に伺いました。
「まぁ、入ったばかりだし、やってしまったものは仕方ない」
ほっとして、帰路についたところローンで買ったばかりの携帯電話が鳴りました。
先ほどの社長さんから・・・。
「君!このお菓子賞味期限が過ぎて、腐ってるぞ!」
慌てて、Uターンです。またまた平誤り・・。さすがに私も函館の名店と言われるところで菓子を買ってそのまま向かったので社長さんも理解はしてくれました。

当然ですが私の怒りはそのお菓子屋さんに・・・。
そのまま菓子屋に直行!そのお菓子の意味と、その店を選んだ理由を説明し、賞味期限切れを販売するとは何事だ!と怒った訳です。それもその賞味期限は結構すぎていました。今では考えられませんよね。

後日、そのお菓子屋の社長さんが私の自宅に両手いっぱいのお菓子を持って謝罪にきてくれました。

まぁ、ミスがミスを呼び、ドラマのような負の連鎖。

でも、そこで初めて様々な人との信頼関係が築けたような気がします。

この類の話は恥ずかしながら数え切れないほどあります。

でも私たちが、今も同じ仕事でご飯が食べれているのは、きっと仕事ができるから!では残念ながらありません。
このような多くの苦難に逃げずに向かって行けたからだと思います。もちろん全てではないかもしれませんが。

好きな仕事や好きなお客様だけではありません。こちらのミスで、もうできれば会いたくないお客様もいますよね。でもそこから逃げたら、一人の大切なお客様を失ってしまうんです。
やりたくない仕事だってそこから逃げたら、次の仕事はこないんです。

苦難には自ら向かって行かなければ、その先はありません。
1段上のステージに移行するには、ここを通らなければ上がれないんです。

私も含めて、当社のスタッフにもこれだけは体験して実感してもらいたい事です。

※注)今はこんな間違いはしませんので、安心して大丈夫です。20年前の話ですので・・・
[PR]
by kanbansoko | 2010-05-22 14:25
どうなるんだ、口蹄疫
宮崎県の口蹄疫、大変ですね!
半径10km以内は全て殺してしまうんですよ。
なんだか、バイオハザードのようなウィルスの怖い映画で、街全部を核爆弾でなくしてしまって人ごと消滅してウィルスの拡散を防ぐ・・・みたな映画の話に似ているなと思いました。

今、道東でも消毒作業が深夜まで一生懸命やっているそうです。
酪農王国北海道でこんな事態になったらパニックですね。絶対に拡大は防いでほしいです。
私も駒ケ岳牧場の牛乳を販売している事業もしていますので、人ごとではありません。

「せめておなかいっぱい食べさせてから死なせてやりたい・・」って農家の方が話ているのを聞くと切ないですね・・・。
牛だって豚だって、命です。
好きで生まれたわけでもないでしょうし、一生牛舎や豚舎で終わることが幸せではないでしょうが、
人間に食べられて、それによって人が生きる為に育てられているわけで。
せめて、その役割をまっとうさせてあげたいと思うのは、人間エゴかもしれません。

しかし、その役割も果たせないまま、子供をおなかに抱えて感染さえしていないのに殺されてしまう現実。
あまりにも悲しいですね・・・。
[PR]
by kanbansoko | 2010-05-20 10:30
最近のTVCM
近頃のTVCM、なんかつまらない・・と、思うのは私だけでしょうか。
ソフトバンクの犬は置いておいたとして、他のCMはどれもなんか心に響かない・・。
たまに世界のおもしろCM、TV番組でやってますけど海外のCMは「なるほど・・・」と考えさせられるものが多いと思います。
不景気で予算使えないものはわかりますけど、もう少し感動できるCM見たいですね。

ドコモのCMで最近渡辺謙さんがでてる「私は携帯電話です」ってCMはセンスいいですよね。
このCMプランナーさんのセンス好きです。
渡辺謙っていう配役もいいですね。ビートたけしあたりならもっとおもしろいのに。
なかなか思いつかない、ありそうでないCMです。
広告に携わる人には、「センス」が必要です。それはクリエータも営業マンもしかり。
もっとも大切なのは美的なセンスではなく、空気の流れや世間の流れを読めるセンス。

第一生命の「パパが課長になった」ってCMも好きですね。「課長って何?」って子供の質問に
「新幹線の運転手くらいえらい」って母親が答えます。
お父さんの課長に昇進したうれしさと一生懸命がんばってる仕事の模様がよく出ていて微笑ましいCMです。

なんだか上から目線ですいません(笑)
でも私も20年広告の仕事してますので、気になるんですよね~。
それでなくても、最近は録画でTV見る人が多いのでCM見ないですよね。
15秒間で何を伝えるか・・。2時間の映画よりTVCMって難しいんです。
だからカンヌ映画祭にはCMの部門があるんです。

私たちももう少し深くCMを見ないともったいないと思うんですけどね~。
[PR]
by kanbansoko | 2010-05-18 16:24 | 広告
ベルリンフィルで日本人快挙!
今朝、フジテレビのとくダネでやっていた、ベルリンフィル管弦楽団の指揮者に指名された佐渡さん。すごいですね!何がすごいって小学校の将来の夢に「ベルリンフィルの指揮者になる」って書いてあった事がすごいですよね!小学生でベルリンで指揮者になるって人もなかなかいませんけど。

何度かこのブログでもお話しましたが、夢は具体的なほど叶うものだと思います。
「将来、音楽家になりたい」とか「指揮者になりたい」じゃだめなんです。どこでなにがしたいか細かく考える事。

前にも書きましたが私の小学校の時の夢は「レーサー」でした(笑)
これに「F1のレーサーになってモナコGPで優勝する」くらいだったら叶っていたかも・・。

私も、自分の子供にはできるだけ、夢は細かくえがかせるように心がけています。
[PR]
by kanbansoko | 2010-05-13 12:54
どうなるんだ、普天間。
私の親戚にアメリカ人がいます。(私はれっきととした日本人ですが)
米軍の軍人で日本に駐留米軍として何度か住んでいたこともあります。(今は退役しました)
私が子供のころ、青森県の小牧基地に親戚として特別に入ったことが何度かありまして、
この基地の中の広さに子供心にびっくりしました。
ショッピングセンター、映画館、学校はもちろん、基地の中の住宅地は普通にアメリカのバスが走り
パトカーもアメリカのパトカーが走っています。建物の形もそのまんま全てアメリカ映画の通りです。出会う日本人はほとんどいません。ショッピングセンターの店員もバスの運転手も全部アメリカ人。この狭い日本の中でこんなに雄大でのびのびしていて、こんなに外国人のいるところがあることにびっくりしました。

最近の基地問題って北海道から見たら遠い話のようですが、私はそんな親戚もいることからけっこう身近な話です。

軍隊のない日本にとって安全保障は重要な問題です。
アメリカ軍の親戚はレーダー監視のような任務だったようです。
象の檻と呼ばれる巨大なレーダー施設から日本の空の安全を監視しています。いや、してくれています。

なんだかんだ言っても、アメリカ軍に守られているのが現実の中で、日本のどの地域が負担を強いられるのか・・・。北海道だって人ごとではない話です。
[PR]
by kanbansoko | 2010-05-10 12:43



 
ホームへ
看板倉庫 看板倉庫ブログ