看板倉庫 看板倉庫ブログ
ホームへ
ホームへ
引取・買取
 
販売
ホームへ
広告・デザイン
ホームへ
メディア・プレス取材
ホームへ
ブログ
ホームへ
会社概要
ホームへ
問い合わせ
ホームへ
看板倉庫 販売に関する規約
看板倉庫 個人情報保護方針
 
 
チーム-6%
 
さっぽろエコメンバー
 


中古看板専門店の徒然日記
by kanbansoko
<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
今日は岩内に行ってきました。
本日、倶知安のお世話になっている取引先経由で岩内に久々行ってきました。
体調の悪い、若いスタッフを無理やり連れて(苦笑)
天気がよかったので、気持ちのいいドライブです。
20万キロを超している看板倉庫2号(ハイエース、1号は事故で廃車)も調子よく走ってくれます。
風が強かったですけど、海はきれい。
なんだか、いいお仕事になりそうな予感!!
「Y社長!お願いしますよ~~!!」

うちわ話はこのくらいにして。
数年前まで毎年、取引先の社長さんのクルーザーやらマリンジェットやらで夏はよく岩内まで遊びに来ました。
こんな楽しいことあるのか!と思うくらい楽しかったです!・・しかし、平日なので会社に毎年内緒でしたけど。
1年に一度、この夏の楽しみの為に一生懸命働いたと言っても過言ではありません(笑)

でも、ぼくもスタッフも1年に1度だけ「ありえないほど楽しい事」があってもいいですよね。
その為に1年間がんばる、みたいな。
お金のかかることじゃなくてもいいんです。まさにみんなで「ばか騒ぎ」ができれば。
今年あたりまた、みんなでクルーザー借りて海水浴して遊びたい☆・・と思う今日このごろです。

そんな私どもに是非お仕事ください。そしてみんなで一緒に楽しく遊びにいきましょう!!
「大統領のように働いて、王様のように遊ぶ!」当社の社訓です!
[PR]
by kanbansoko | 2010-03-30 20:22 | 看板倉庫
中井国家公安委員長のスキャンダル
近頃、おじさんパワー炸裂ですね!
この人、公安のTOPでしょ!
独身だからいいってもんじゃないですよね~。議員宿舎のカギを銀座のホステスにもたせてるんですよ。
問題あるでしょ~、普通。
だいたい、高校の男子学生寮だって女子入れちゃいけない規則でしょ~。常識ですよね~。
なのに議員宿舎にホステス入れていいのか!
路上でキスしてる場合じゃないでしょ~。
昔はオウム事件のときなんて、国家公安委員長狙撃されましたよね~。
うかうかキスなんてしてると撃たれますよ!

小学校の校長は生徒の母親と学校内で不適切な行為だし!
この人も59歳。
子供達が学ぶ学校でですよ!アホかっ!

重要な要職につくお年頃のおじさん達。
世の中が大変な時に、使うトコ間違ってませんかね?
[PR]
by kanbansoko | 2010-03-25 13:20
本田宗一郎語録
このブログで毎月相変わらず、検索キーワードで1位なのが本田宗一郎語録だ。
以前、このブログで本田宗一郎さんの語録を書いたら、それがいまだに検索でヒットするらしい。
毎月、かなりの人が本田宗一郎さんの言葉を検索している。
きっと、本田さんのように強くて頑固で、そしてやさしい昭和の男が今世の中に必要だってことでしょうか。
いろんな偉大な人物がいますが、本田さんはどこか身近に感じる気のいいじいさんって感じですよね。

本田語録からひとつ。
昔、オートバイの工場の建設用地を探して全国を歩き回っていたときのこと。
どこへ行っても、ものスゴイもてなしで接待漬け。そりゃそうですよね。本田の工場ができれば雇用も税金も
その地域にはたくさんのメリットがあります。
その接待に嫌気がさしたころ、三重県の鈴鹿を訪れたとき、一発でここだ!と決めたそうです。
その理由は、接待なんてまったくなく、お茶が1杯でてきただけだから。

その1杯のお茶で鈴鹿市はホンダのお膝元になり、F1のサーキットも作られて世界でも有名な地方都市になりました。

過剰なもてなしや、接待には私もまったく意味を感じません。
接待しないと仕事にならない・・なんて仕事は私もいりません。
大切なのはお互いの本質。こちらの気持ちを相手にどう伝えるかです。
売り手と買い手の関係は50対50。お客様は大切ですが、お客様にも大切に思われてはじめて商売が成り立つと私は思います。

トヨタのリコール問題も、なんだかあまりにもアメリカ人は「トヨタの車を買ってやってる!」って感じですよね。
でも、トヨタの車が他よりいいから買ってる訳です。
代金と引き換えに商品を受け取る。お互いにありがとうの関係ですよね。
あげくの果てに、「壊れてる」って嘘を付くなんていうことは、消費者としては最低の行動です。

話はそれましたが、偉大な人間の言葉は重くて深いです。
[PR]
by kanbansoko | 2010-03-24 13:53
仕事とは戦いだ!
先日、キューバ革命の「チェ・ゲバラ」の映画をDVDで見ました!
これ結構おもしろかった。
けっして私は共産主義者ではありませんが、この手の革命家さんの話は仕事の中で大変参考になるものが
多いですね。

特に、マーケティング論なんてものは戦争から出てきた戦いの論理がほとんどではないでしょうか。

どうやったら、弱いものが強いものに勝てるのか・・・。
この理論を極めたら強国になれる。昔から変わらない哲学です。

映画の中で、「戦争で勝つには絶対的な法則がある、それは数が多いことである。絶対的有利は数である。
しかし、古代から数だけではない『定数X』がある。この定数Xは絶対に勝とうとする気持ち、執念。命をかけて
相手を倒すという心がどれだけ相手より強いか。それが時に常識的な数の原理を打ち破ることがある」・・という話し。

スポーツなどでも同じことが言われます。
我々のような零細企業も、このいつまで続くかわからない不況の中で生き残るには、働く者全員が「絶対勝って生き残る気持ち」が強い会社になる力だと思います。
競合する様々な大企業を相手に気持ちを強く持つ!

みなさんの会社でも同じことが言えるのではないでしょうか。
[PR]
by kanbansoko | 2010-03-21 20:15
黒マグロよかったですね!
黒マグロ絶滅危惧種にならなくてよかったですね~。
日本人ってほんとマグロ好きですね。
回転寿司がこれだけ流行っているのもマグロのおかげと言って過言ではないと思います。
私は函館育ちなので、松前や戸井町あたりではまぐろ漁師の話も身近な話です。
1本釣ったら、1年食べていける・・・なんて男のロマン話を子供のころ、周囲でよく話してるのを聞きました。

でも、黒マグロにしてもクジラにしても資源が少なくなってるのは事実!
今回を教訓に、「獲りすぎたら食べられなくなる」ってことを身にしみてわかりましたね。
私は川釣りが趣味なんで、「釣り過ぎたら居なくなる」を身にしみてわかっているつもりです。
川は狭いから、あっという間に乱獲すると釣れなくなります。
海だって同じですよね。地球は丸い閉ざされた星ですから、石油でも動物でも獲り過ぎたら無くなる。
小学生でもわかります。

日本ではおいしい魚が他にもたくさんあります。
今時期はにしんが大量に釣れます。
にしんもちょっと前まで、ぜんぜん釣れない魚だったのに資源が回復して小樽あたりではたくさん釣れるように
なってきました。
みなさんもいろんな種類の魚を食べることが地球の資源を守ることになるのかもしれません。
ちなみにうちの息子は回転寿司に行くと「さんま、炙りで!」という変わった小学4年生です。
[PR]
by kanbansoko | 2010-03-19 12:44 | eco
ツイッター
最近政治家にも流行っているツイッター。
私も登録しましたが、今のところイマイチよくわかりませんね~・・・。
つぶやきブログってことだけど、一人で適当なことつぶやいていればいいのかな・・。
鳩山さんのつぶやきも見ましたよ。
仕事ぶりはよくわかりますね。
どなたか、このツイッターの正しい使い方と機能など、解るかたメールください・・・。
ちなみに私のツイッターのユーザー名はkanbansokoですので・・。
[PR]
by kanbansoko | 2010-03-11 18:14



 
ホームへ
看板倉庫 看板倉庫ブログ