看板倉庫 看板倉庫ブログ
ホームへ
ホームへ
引取・買取
 
販売
ホームへ
広告・デザイン
ホームへ
メディア・プレス取材
ホームへ
ブログ
ホームへ
会社概要
ホームへ
問い合わせ
ホームへ
看板倉庫 販売に関する規約
看板倉庫 個人情報保護方針
 
 
チーム-6%
 
さっぽろエコメンバー
 


中古看板専門店の徒然日記
by kanbansoko
千歳川に釣り
先日、天気も良かったので千歳川に釣りに行ってきました。
小さなヤマメが釣れたくらいで大物のは出会えませんでしたが、ストレス解消効果はばっちり!
マイナスイオンも充電し釣れない釣りを楽しんできました。

この千歳川、支笏湖から流れ出る唯一の川です。支笏湖ほど大きな湖で流れ出る川が1本だけで、流れ入る川も美笛川が1本が主流となっているけっこう珍しい湖です。

10年くらい前、この支笏湖でドリンクメーカーのキャンペーンを提案したことがありまして、支笏湖国立公園のゴミ箱を全部、このドリンクメーカーの缶のデザインに変えようって内容です。
支笏湖の水は千歳の大きな飲料メーカー各社のいわば原料。北海道の人は意外と知らずにビールやドリンクを飲んでいます。
その啓蒙活動の一環として支笏湖をキレイにすると同時に、大手飲料メーカーのPRと地産地消的要素のキャンペーンを提案したわけです。
結果はぼつ!国立公園ってチョーお役所管理で、前例がないこのようなことを実行する為には数年かかる・・みたいな感じ。今にご時世だったらぴったりのキャンペーンだったかもしれません。
ちなみにその時知った豆知識。支笏湖って戦前まで皇室の土地(日本の土地ってことでしょうけど)で結構皇室の木材調達の為の場所だったようです。

いつも思うんですけど、湖って会社そのもの。
入る川があって出ていく川が必ずあります。
出て行く川が増えると湖は小さくなるし、入る川が増えると多きな湖になっていく。
バランスを崩して溢れすぎると税金いっぱい払うことになるし、下流の川(経費)を増やすと湖が乾きます。
私達事業主は上手に上流の川を増やしていかなければなりません。
それは細い川をたくさん作った方がいいと私は思います。それはいつか大河になるかもしれません。
それに合わせて下流の川を増やしていかないと、あっという間におかしな湖になってしまいます。

みなさん、素敵な湖創りましょうね!
[PR]
by kanbansoko | 2009-08-26 12:43

<< 看板付けてきました。 慌しい毎日 >>


 
ホームへ
看板倉庫 看板倉庫ブログ