看板倉庫 看板倉庫ブログ
ホームへ
ホームへ
引取・買取
 
販売
ホームへ
広告・デザイン
ホームへ
メディア・プレス取材
ホームへ
ブログ
ホームへ
会社概要
ホームへ
問い合わせ
ホームへ
看板倉庫 販売に関する規約
看板倉庫 個人情報保護方針
 
 
チーム-6%
 
さっぽろエコメンバー
 


中古看板専門店の徒然日記
by kanbansoko
白洲次郎
NHKで白洲次郎の生涯をドラマ化してやっています。
見た方も多いのではないでしょうか。
私はこの日本人が大好きです。好きな日本人のトップ3に入ります。
先日たまたま当社の「ハコスカのO氏」の机に茅葺屋根のとても素敵なお宅の写真が飾ってあるのを発見!
「この写真の家かっこいいね!」と言うと、O氏は「これ白洲次郎の武相荘(ぶあいそう)なんですよ」。おー!これが白洲次郎の住んでた家か~・・なんて思っているところにNHKで白洲氏のドラマが始まったのでした。
戦前は戦争を避けるため、堪能な英語と伯爵家にも親交があり政治にも精通していたので単独で外交し、その努力をします。しかし戦争は避けられず、彼は開戦当初から負けると断じて、東京町田の山中に疎開し、その邸宅を武相荘(ぶあいそう)と名づけて農家をはじめます。名前の由来は武蔵と相模の間の地と、彼の性格を表したんでしょう。
c0177936_12374927.jpg

c0177936_139885.jpg

戦争が終わりGHQの統治の下、占領から日本を開放したのは吉田茂と白洲次郎と言っても過言ではないでしょうね。サンフランシスコ講和条約では全権団顧問として参加しています。要は日本独立の責任者。
占領下で初めてアメリカに「NO!」と言った日本人ではないでしょうか。
日本の独立にめどがついたら、政界の誘いにも乗らずあっさり身を引きます。
その後東北電力会長、軽井沢ゴルフクラブ会長など様々な企業の重役を勤め、80歳までポルシェを乗り回し、遺言は「葬式無用、戒名不用」。

直筆の力強い遺言↓
c0177936_13393470.jpg


軽井沢ゴルフクラブの会長時代には、総理大臣でも会員でなければ追い返し、SPなんてもってのほかだったそうで、歴代の総理大臣には迷惑をずいぶんかけたと奥さんが話しています。
自分の信じたことに全てを投じる。誰に何を言われても芯を曲げない。「自分の原則(プリンシプル)に忠実」。
白洲氏のポルシェ、当社のO氏に聞いた話によると、トヨタのソアラはこの白洲ポルシェからできた!と聞いたので調べてみると、晩年、白洲氏がトヨタの会長にソアラのことをぼろくそに話し、そののちトヨタの工場までこのポルシェを持っていき「この車、壊すなり、分解するなり好きなように使え!」と言い残し、車を置いて歩いて帰ったとか・・・。またケンブリッジ大に通っていたころにはベントレーを乗り回していました。日本で始めてベントレーに乗った男ではないでしょうか。
ソアラの為に犠牲になった白洲氏所有ポルシェ911↓
c0177936_12382152.jpg

白洲次郎が大学生で乗っていたベントレー↓
c0177936_1381742.jpg

この人、顔もかっこいい!和製ジェームスディーンといわれています。
たぶん日本で最初のちょい悪オヤジです。
最後に残した言葉は、看護婦に注射の際「利き腕は?」と聞かれ「右ききです。夜は左・・・」と言ったとか・・。
こんな素敵な日本人、本も出ているので是非時間があれば良き日本人とかっこいい男である為に読んでいただきたいものです。今の日本国憲法を作った一人がこんなかっこいいちょい悪です!↓
c0177936_12383917.jpg

by kanbansoko | 2009-03-08 13:14

<< もうすぐF1が始まります! 小沢一郎さんってどうなるんでし... >>


 
ホームへ
看板倉庫 看板倉庫ブログ