看板倉庫 看板倉庫ブログ
ホームへ
ホームへ
引取・買取
 
販売
ホームへ
広告・デザイン
ホームへ
メディア・プレス取材
ホームへ
ブログ
ホームへ
会社概要
ホームへ
問い合わせ
ホームへ
看板倉庫 販売に関する規約
看板倉庫 個人情報保護方針
 
 
チーム-6%
 
さっぽろエコメンバー
 


中古看板専門店の徒然日記
by kanbansoko
営業マンの極意
10年以上前のこと、当時勤めていた広告代理店が経営的にかなりのピンチに陥りました。
かなりの売り上げを作らなければ潰れる状況。
その当時、大手タイヤメーカーの北海道支社からわずかな仕事をいただいていた私は、北海道のスタットレスタイヤのTVCMやその他のプロモーションに少々違和感をもっていました。(若かったし)
全て企画制作しているのは、東京の日本で一番大きな広告代理店。
アイスバーンの怖さもしらない東京の人達が、北海道の冬のタイヤのCMを作るのは、住んでる私たちに響かない!と、思ったわけです。
年間数億円の予算です。普通は「無理だよな~・・」で終わる話。
しかし、私は当時の上司やプランナーと企画を組み立て、北海道支社から本社の販売促進室の担当者の名前を聞き出し、無理やりアポを取り、ノコノコと東京の○○ゴム工業の本社まで行ったものです。
結果は、まぁ~話は聞いてくれましたが、門前払いのようなものです。
当時は、担当者のサラリーマン的な発想に腹も立ちました。
ただ現実的には、数億円の話が、札幌の10名くらいの広告代理店で、しかもこんな若造の話で動くわけがありません。
しかし、今でも、私たちの企画の方がスタッドレスは売れたはず!と自分で思っています。
これはだめだった例。
同じようなことを無理やりやって、大きな仕事をいただいたことも何度かあります。

要は、はじめから無理だと思えば、何も得ない0円だし、失うものは何もないと思って動けば、ダメでもこの話のように経験だけは残ります。この経験は次に活かせばいい。間違って売り上げもついて来るかもしれないし。

全国の営業職の皆さん。私が言うのも僭越ですが、大事なことは「やってやる!」ってモチベーションの保ち方。当時、会社が潰れるかもしれない・・ってことが、私の心に火を付けました。
大手だろうが外資だろうが、東大だろうがケンブリッジだろうがみんな私たちと同じ人間です。
勝てるんです!努力すれば負けない自信も沸いてくるんです。

今までの常識や周りの話に流されず、自分を信じてがんばりましょう!
[PR]
by kanbansoko | 2009-02-21 17:20

<< ホンダの社長交代 朝日 >>


 
ホームへ
看板倉庫 看板倉庫ブログ